<

障害年金の受給要件

障害年金を受給するには大きく3つの受給要件を満たしている必要があります。

1.初診日に年金制度に加入していること
2.初診日の前日まで保険料を一定の条件で納付していること
3.障害認定日において障害等級に該当する障害状態になっていること。


受給要件は障害基礎年金、障害厚生年金それぞれ以下の通りです。

■障害基礎年金の受給要件
 以下の全ての条件を満たしている必要があります。

1、20歳前、国民年金の被保険者期間中または被保険者の資格を失って後、60歳以上65歳未満で日本国内に住んでいる間に、障害の原因となった病気やケガの初診日があること。

2、上記1の病気やケガによる障害の程度が、20歳に達したとき、または障害認定日において、障害等級1級または2級のいずれかの状態になっていること。

3、初診日の属する月の前々月までの被保険者期間のうち、国民年金の保険料納付済期間と保険料免除期間をあわせた期間が3分の2以上あること。
ただし、平成28年4月1日前であって、初診日に65歳未満の場合は、初診日の属する前々月までの直近1年間に、保険料未納期間がなければよい。
※ 20歳前に初診日がある障害基礎年金については保険料納付要件は不要です。

■障害厚生年金の受給要件
 以下の全ての条件を満たしている必要があります。

1、厚生年金の被保険者である間に、障害の原因となった病気やケガの初診日があること。

2、上記1の病気やケガによる障害の程度が、障害認定日において、障害等級の1級から3級までのいずれかの状態になっていること。

3、初診日の属する月の前々月までの被保険者期間のうち、国民年金の保険料納付済期間と保険料免除期間をあわせた期間が3分の2以上あること。
ただし、平成28年4月1日前であって、初診日に65歳未満の場合は、初診日の属する前々月までの直近1年間に、保険料未納期間がなければよい。

■障害手当金の受給要件
 以下の全ての条件を満たす方に一時金として支給されます。

1、厚生年金保険の被保険者である間に、障害の原因となった傷病の初診日があること。

2、上記1の傷病が、初診日から5年以内に治り(症状が固定し)、その治った日において、障害厚生年金を受けるよりも軽い障害の状態であって、障害の程度が障害等級表に定める程度であること。

<初診日とは>
 障害の原因となった病気やケガに」ついて、初めて医師または歯科医師の診療を受けた日を言います。
 ※同一傷病で転医があった場合は、一番初めに医師等の診療を受けた日が初診日となります。

<障害認定日>
 障害の程度を定める日のことで、その障害の原因となった傷病についての初診日から起算して1年6ヶ月を経過し た日、または1年6ヶ月以内にその傷病が治った場合(症状が固定した場合)はその日をいいます。