<

障害年金の受給額


障害年金は加入している年金制度が国民年金か厚生年金のどちらに加入しているか、またその障害の程度によって金額が異なり、1級または2級の障害厚生年金を受けられるときは、障害基礎年金もあわせて支給されます。
3級の障害厚生年金および障害手当金は、厚生年金保険独自の給付です。

障害厚生年金・障害手当金 障害基礎年金
1級障害 報酬比例年金額×1.25+配偶者加給年金額 778,500円×1.25+子の加算額
2級障害 報酬比例年金額+配偶者の加給年金額 778,500円+子の加算額
3級障害 報酬比例年金額 ※最低額:583,900円
障害手当金 報酬比例年金額×2 ※最低額:1,150,200円

※障害手当金は一時金として支給

■報酬比例の年金額の計算方法

 報酬比例の年金額=(A+B)×1.031×0.968

 A:平成15年3月以前の被保険者期間
 
   平均標準報酬月額×(7.5/1000)×平成15年3月までの被保険者期間の月数

 B:平成15年4月以後の被保険者期間

   平均標準報酬額×(5.769/1000)×平成15年4月以降の被保険者期間の月数

※平均標準報酬月額・・・平成15年3月以前の被保険者期間の計算の基礎となる各月の標準報酬月額の総額を、平成15年3月以前の被保険者期間で除した額です。

  ★被保険者期間が300月(25年)未満の場合は300月とみなして計算します。
   また、障害認定日の属する月後の被保険者期間は年金額計算の基礎とはされません。